何でもメールで済むと思ってるのかね?

某中堅設備機器メーカーで中間管理職をやっています、マサと申します。

最近の新入社員を見ていて、テレビなんかでもたまに話題にのぼりますが、我々とは常識がかなり違うということに大きな戸惑いとイライラが募っています。

とにかく一番常識を疑うのが、かぜひいたので会社休みますという連絡をメールで送ってくることです。

これ、以前にテレビでも賛否両論やってましたけど、まったく上司をバカにしてるのかと思わざるをえない(@_@;)

相手に対しての礼儀ってものを教えてもらわずに育ってきた世代なのか、社会での常識が変わってしまったのか、仕事に対する考え方も世代間でこんなにも違ってしまうのかと驚くばかりです。

自分が休んで仕事に穴をあけるという意識があれば、ちゃんと相手に会話して、申し訳ないという気持ちを伝えるのが最低限の礼儀ではないんですかね?

それ以上に、自分がいなくても仕事に何の支障もないだろうくらいの態度には腹が立ちます。

新入社員の中にもいいのもいる。これは確かで、ちゃんと営業成績も上げてくる。

一方で全くやる気を感じられない奴ほど、自分の権利を主張してくる。有給あるんだから、それ使えば文句なかろう、当然の権利だ・・・・。

労働問題がとりざたされている昨今、まともな言い分といわざるをえないのだが、それでも咀嚼して受け入れる気持ちには全くなれません。

権利を主張する前に、やることやれ!ってのが、我々の世代で、やることやっててもかぜくらいで休ませてはもらえなかった時代を生き抜いてきた世代にしてみれば、今風の甘ったれ社員には辟易するばかりです。

労働問題や労働時間の問題、過労死やパワハラで問題が起き、それが社会問題として大きく取り上げられたことは、悪いとは思わないし、行き過ぎた会社の方針なり仕事への要求などもあったことは認められます。しかし、だからといって、何でもかんでも悪いという風潮になり、それに乗っかってちゃらんぽらんな社員まで、権利ばかりを主張するようになっては社会が空洞化するばかりではないだろうか?

少なくとも、メールで「今日休みます_(_^_)_」なんて文章と絵文字で送ってくるような部下はいらん!